COLUMコラム

田舎で転職活動 メリット デメリットを解説!

多くの人が憧れる田舎暮らし。これまでは、退職後のセカンドライフを満喫するために移住する人がほとんどでしたが、近年、若い人たちも田舎暮らしを考えるようになり、実際に移住しています。

今回は、憧れの田舎暮らしを実現するために気をつけること、特に転職に関して解説したいと思います。転職してから後悔したり「失敗した」と思うことのないようにしましょう。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

田舎で転職するために考えるべきこと

田舎暮らしに憧れる人の多くが一番に考えるのは、「仕事が見つかるかどうか」ということではないでしょうか。また、実際に田舎で生活する姿がイマイチ描けない人もいるかもしれません。

田舎暮らしを実現させるためには、自分が「なぜ田舎暮らしをしたいのか」ということを明確にしておくことが重要です。そのため、田舎暮らしを始めてから「こんなはずじゃなかった」という思いをしないようにすることが大切です。

田舎で転職するメリット

田舎で転職を成功させるためにはいろいろな苦労が多いかもしれません。ですが、都市部からの転職にはメリットがたくさんあります。

経験が重宝されやすい

都市部で経験したことやスキルが、田舎で働くにあたって重宝されることは多々あるようです。
パソコンなどのスキルはもちろんのこと、業務改善や都市部では当たり前だったしくみ・ルールなどが、田舎の企業ではとても新鮮であるということは珍しくないため、そういった経験が重宝されることがあるのです。

活躍できる場が得られやすい

上記の「経験が重宝されやすい」にも関係してきますが、スキルや経験が重宝されるとそれによって活躍できる場面が増えます。活躍できる場面が増えるとストレスが増えたり大変なことも多いかもしれませんが、都市部ではなかったような達成感を得られるのではないでしょうか。

通勤ストレスが減る

満員電車 田舎 転職

都市部にありがちな満員電車による通勤は、田舎ではほとんどありません。場合によっては、電車での通勤ができないこともあるためです。電車やバスを使うとしても、ギュウギュウになって苦しい思いをすることもなくなります。

多くの人は、こういった通勤ストレスから解放されることも田舎へ転職するメリットと考えているようです。

自然豊かな環境で生活できる

田舎暮らし 転職

田舎暮らしや田舎へ転職する最大のメリットは、自然豊かな環境で過ごせることかもしれません。

季節を肌で感じることができて、都会の喧騒などもないようなところで働けることに魅力を感じて、田舎へ転職する人も少なくありません。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tokucho03.jpg

私たちが移住転職のサポーターです

「いつか移住してみたい」「転職できたらなぁ…」と考える、あなたを丁寧にサポートします。情報のご提供はもちろん、ご希望者には、地方自治体・地方企業と連携し、住まいや仕事のご紹介をしています。

あなたらしく働ける職場、より豊かに暮らせる地域を一緒に探しませんか。
お待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓

田舎へ転職するデメリット

田舎へ転職することを考えると、メリットよりもデメリットを先に考える人が多いのではないでしょうか。実際にはデメリットが目につくところではありますが、主に次のようなデメリットが多いようです。

情報が少ない

元々、求人を出している企業が少ないため、田舎での転職がしづらい傾向にあります。それは、求人をハローワークやインターネットサイトに出さず、リファラル採用がメインになりがちです。

前職よりも収入が落ちる

収入落ちる 移住

収入は、都市部よりもどうしても低くなります。その分、物価が安かったり家賃が安かったりしますが、生活水準を落とすことになるため少し苦労するところがあるかもしれません。

田舎特有の人付き合いになれるのが難しい

田舎は、都市部と比べると人付き合いが親密になりがちです。仕事上の付き合いがプライベートに発展したり、ご近所付き合いが深くなっていくことは往々にしてあるため、そこがしんどいと感じると、田舎暮らしは厳しいかもしれません。

仕事がラクになるとは限らない

田舎への転職は、仕事がラクになると思われがちです。ですが、実際にはそうとは限りません。職種によっては忙しさは変わらなかったり都市部で働いていた頃よりも忙しくなる可能性もあります。

車がないと生活できないことが多い

都市部では車があっても不便なことが多く、公共交通機関が移動のメインになっているかもしれません。ですが、地方になるとそれが大きく変わります。田舎では、家族で一台ではなく一人一台車を持つような家庭も珍しくないほど、車が不可欠な社会なのです。

そのため、田舎へ転職するにあたっては車の準備が不可欠となるかもしれません。

移住×転職専門サイトなびと

登録メリット・お勧めの理由】

「なびと」は全国ネットワークを駆使し、忙しいあなたをフルサポートします。
「移住(Uターン)」や「転職」に関する疑問、お悩み、もやもやを気軽に相談OK!
あなたの「ステップアップ」を応援し、寄り添うパートナーとして無料でご活用
いただけます。

田舎に転職して後悔した人の声

田舎に転職することのメリットを聞くことはたくさんあると思いますが、実際に転職や移住を考える人はデメリットや後悔したことが気になるものです。

ここからは、田舎に転職したことを後悔している人の声を紹介します。ここから参考にできることはしっかり参考にして、ご自身が後悔することのないようにしましょう。

田舎に転職して後悔したこと

  • 近所との付き合いが面倒に感じる
  • 仕事が少なく転職がしづらい
  • 生活必需品がすぐに得られない
  • 買い物するために行く店が遠い
  • 病院が少ない
  • 公共交通機関が少ない(もしくは無い)ため、車が必須になる

田舎での生活は、都市部と比べると人とのつながりをとても大切にする傾向にあり、子育てなどで安心できる部分はあるものの、「ズカズカと踏み込んで来られた」と感じてしまい驚いたりストレスを感じることがあるようです。

田舎の人にとっては当たり前のことが、都市部での生活が長い人にとっては珍しかったり不安を感じてしまうことにつながる可能性があるのです。

田舎だからこそできる仕事

起業

都市部での経験やアイディアは、田舎ではとても画期的なことであったり多くの人に役立つことが多くあります。そのため、都市部での経験等を田舎で活用して起業する人は少なくありません。

移住制度では、田舎で起業する人のための支援制度が充実しているところもあるため、うまく活用しながら起業してみてはいかがでしょうか。

農業・林業・漁業など

田舎だからこそ生産できるものや地場産業は、その地でなければできません。

特に、都市部では全くできないことばかりなので、「せっかく田舎で仕事を探すなら」とこういった仕事に取り組む人が多くいます。

高齢者向けサービス

田舎 介護職

田舎では、高齢化が進行し続けており、50〜60代の人が「若手」と言われてもおかしくないという現状があります。

そこで、高齢者の方の生活をサポートする仕事(看護、介護などをはじめとしたサービス)のニーズはとても多いのです。

ゲストハウスなどの運営

田舎 ゲストハウス

田舎だからこそ、都市部から観光などでゲストハウスに泊まりに来たり、ワーケーションの一環としてくる人は少なくありません。

地元の産業と連携したカフェやレストランを経営する方もいます。

念入りな準備で田舎への転職を実現!

田舎への転職は、不安や疑問などが絶えずつくものです。そのため、「お試し移住」などの制度を確認し、実際にその地域に住んでみるのもおすすめです。ただし、お試し移住はどの地域でもできるわけではありません。
万が一できなかった場合でも、悩みや疑問などの引っかかることは全て相談しておくことで、できるだけ多くの課題や問題を解決できます。最終的に、「本当に住みたいかどうか」を慎重に考えてから行動するようにしましょう。

なお、情報提供や仕事探しはとても骨が折れることです。地方移住や転職を専門としたエージェントも存在しますので、そういった人たちの力を借りれば、失敗することなく転職を実現することができます。

「なびと」では、地方移住に関するお役立ち情報や求人情報などが充実しています。実際に転職を実現するまでに起こりうる疑問などもお聞きしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

\あなたにピッタリの移住エリアが見つかる⁉/


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。お気軽にご連絡ください。 
 0120-112-747

閉じる