COLUMコラム

Uターン転職を実現!仕事をみつけるコツは?

近年、UターンやIターンをはじめとして地元での転職を希望する人が増え続けています。
特にUターンは、生まれ育った地元を離れて都市部で仕事をしていた人が「家業をつぐ」「介護・育児をしたい」といったことを目的として行うことが多いものです。

 

今回は「Uターン転職」を成功させるためのポイントや失敗を防ぐための方法などを解説します。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

Uターン転職を成功させるポイント

Uターン 転職

Uターンによる転職は、都市部と比べると求人数が少ないことが注意点です。

例え良い求人を見つけたとしても、そこに多くの人が応募する可能性があり、なかなか希望する就職が叶えられないかもしれません。

Uターン転職を成功させるためのポイントをいくつか解説します。

地域や企業の最新情報を手に入れる

Uターン転職については、必ず最新情報を手に入れておくようにしましょう。
ご自身がいた頃と今では地元の状況も変わっていることもあるでしょう。

地元の新聞や求人、ハローワーク、SNS、地域情報に詳しい転職エージェントなどを利用し、常に最新情報に触れておくようにしてください。

Uターン転職の希望条件を明確にする

雇用形態、勤務希望日数、給与、働き方など自分が転職先に希望することをしっかりまとめて明確にしておきましょう。漠然と探してしまうと「あれもこれも」となり、最終的には「結局自分はどうしたいのか」などと迷ってしまいます。

その際、Uターンする理由や目的等を含めて、どういった条件で働きたいのかを考えることをお勧めしています。

 

転職の希望条件や志望動機などについては、ご自分で考えるだけでなくエージェントの力を借りるとより具体的に固まっていきます。UターンやIターンを専門にした転職エージェント「なびと」にぜひ、ご相談くださいね。

Uターン転職する理由を整理する

一般的な転職活動と同様、自分のアピールポイントや長所、キャリア・経歴、志望動機や転職理由をわかりやすく回答できるよう整理しておきましょう

Uターン転職の場合、地元に帰ってきた理由を聞かれることもあります。
Uターンの動機や理由は、文章に書き出し、まとめておくことをお勧めしています。

なお、Uターンの理由が親の介護や兼業農家など、「働き方」に関わる際には、特に重要な事項になります。

 

地元企業の方々は都会の方に比べ、地域に愛着・誇りを持っている方が多い傾向にあります。「地域経済を発展させたい」「地元の役に立ちたい」という、あなたの純粋で前向きな気持ちが評価対象になる場合もありますよ。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

評価基準や価値観の違いに注意する

都市部と地方では、価値観が違うことがあります。これまでの仕事でどれだけ実績を上げていてキャリアがあるとしても、それが地方でどれだけ評価されるかはわかりません。場合によっては、マイナスになるケースがあるのです。特に高い学歴やキャリアはオーバースペックと判断されることもあります。

ただし、それを隠したり落とす必要はなく、伝え方を工夫することが大切であることを覚えてきましょう。

例えば、これまでの実績を転職先でどう活かせると考えているのか、地元で貢献したいという気持ちが強い…といったことでアピールできると人事担当者と前向きなコミュニケーションが取れるのではないでしょうか。

「転職先を決めてから」Uターンする

小中高などの同級生から、地域情報や仕事情報などを聞いてみるのも、Uターンならではかもしれません。

Uターン転職を成功させるための大きなポイントは、「先に転職先を決める」ことです。当たり前のことを言っているように思うかもしれませんが、仕事が決定していない状態でUターンしてしまうと、仕事が見つかるまでに苦労したり希望する仕事につけないままになってしまうことがあります。

「仕事はなんでもいい」と思う方もいるかもしれませんが、長く働き続けていくことを考えると、やりたいことは大切にしたいものです。

「Uターン転職」が注目される理由

Uターン転職が注目されている理由には、次のようなものがあります。

  • 自然環境・金銭面など、ゆとりある生活ができる
  • 通勤ラッシュが少ない
  • 家族の近くで暮らすことができる
  • リモートワークなど、場所を気にせず働くことができるようになってきた

なぜ、こういったことが注目されるのでしょうか。主には次のような理由があります。

働き方・暮らし方の意識が変化している

これまでの日本は定年まで勤め上げることが当たり前とされていましたが、近年の働き方改革や新型コロナウイルスの流行によって「働くこと」に対する認識が変わりつつあります。

「家族のいる地元に戻りたい」「働く場所にこだわる必要がなくなった」「地元で働くことで貢献したい」といった理由からも、Uターンを考えるひとが増えるようになったのです。

収入面の心配が少なくなっている

都市部と地方では、収入面の差が大きくなりがちです。ですが、リモートワークができる会社であれば収入の心配がなくなります。また、Uターンをするとして収入以外に求めるものが大きくなる人もいるため、地方で働くことに対する抵抗がなくなってきていると言えるでしょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tokucho03.jpg

私たちが移住転職のサポーターです

「いつか移住してみたい」「転職できたらなぁ…」と考える、あなたを丁寧にサポートします。情報のご提供はもちろん、ご希望者には、地方自治体・地方企業と連携し、住まいや仕事のご紹介をしています。

あなたらしく働ける職場、より豊かに暮らせる地域を一緒に探しませんか。
お待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓

Uターンのメリット

Uターンし転職する=地元で働くことに、どういったメリットがあるのでしょうか。
ここでは、いくつかにポイントを絞って解説したいと思います。

Uターン者に対して自治体のサポートが充実してきた

Uターンという言葉が認識され始めた頃は、そこまで地方自治体からの援助やサポートが充実していませんでした。ですが、今ではU・Iターンなどに対してそれぞれの自治体が独自のサポートを行っており、Uターンに対してのハードルがかなり低くなっています。

主に金銭的な補助として、「移住補助金」を用意していることが多くあります。他には「転職先と住居を斡旋」してくれるような地域もあるため、地元の自治体ではどういったサポートが受けられるかを確認すると良いでしょう。

なお、こういった補助やサポートについては各自治体それぞれが独自の発信をしている他、Uターン等を専門とした転職サイトでは丁寧にサポートしてくれるため、ぜひ一度問い合わせてみてください。

移住×転職専門サイトなびと

登録メリット・お勧めの理由】

「なびと」は全国ネットワークを駆使し、忙しいあなたをフルサポートします。
「移住(Uターン)」や「転職」に関する疑問、お悩み、もやもやを気軽に相談OK!
あなたの「ステップアップ」を応援し、寄り添うパートナーとして無料でご活用
いただけます。

生活コストが抑えられる

都市部と比べると、地方は生活コストが低くなりがちです。その分、収入も低くなってしまう可能性はあるものの、うまく仕事を探すことができれば、都市部で働いていた頃の収入をある程度のラインまでキープしつつコストを抑えた生活を送ることができるでしょう。

例えば、2020年の消費者物価指数は東京が104.4ポイントであるのに対して、最低値である宮崎は96ポイント。それだけ、地方にいけば行くほどコストを抑えられるのです。

育児や介護がやりやすくなる

都市部では、待機児童問題がつきものです。保育園を探すことに苦労する方はとても多く、保育園に子どもを預けられないために仕事に復帰できないことも珍しくありません。
それに対して、地方によっては待機児童がゼロのところがあり、子どもを保育園に預けたいと思った時に、困ることなく活用できる地域も。送迎バスなどを出し、親の送迎にかかる負担をサポートしている地域もあります。

また、介護をする方についてもすぐに対応できるようになります。地方によっては、都市部と比べると施設や病院などが利用しやすいというメリットがあることから、介護負担を少しでも減らせるようになるでしょう。

事前準備は丁寧に!転職を成功させましょう

Uターン転職の失敗例として、「どんな仕事でもいい」と思って就職した結果、
仕事内容や、社風が合わず、早々に辞めてしまったケースや、そのせいで生活が苦しくなったケースなどがあります。

今回は、Uターン転職を成功させるポイントを中心に解説しましたが、何よりも大切なことはしっかり情報を集めて準備を徹底することです。

地方の求人・転職情報は、大手転職サイトなどには掲載されていない情報も多数あります
地方新聞やSNS、ハローワーク、地方自治体の力を借りたり、転職斡旋エージェントに協力してもらうことで確実に転職を成功させることをお勧めしています。

「なびと」では、全国各地の求人情報やU・Iターンのお役立ち情報を提供しています。また、経験豊富なエージェントもあなたの転職を丁寧にサポートしますので、お気軽にご相談ください。

移住×転職専門サイトなびと

登録メリット・お勧めの理由】

「なびと」は全国ネットワークを駆使し、忙しいあなたをフルサポートします。
「移住(Uターン)」や「転職」に関する疑問、お悩み、もやもやを気軽に相談OK!
あなたの「ステップアップ」を応援し、寄り添うパートナーとして無料でご活用
いただけます。


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。お気軽にご連絡ください。 
 0120-112-747

閉じる