COLUMコラム

お試し移住からはじめよう!メリットや注意点を解説

地方移住をしたいけれど、なかなか一歩が踏み出せない…。そんな方におすすめなのが、各自治体が行っている「お試し移住」です。「お試し移住」は、期間を決めて実際にその場所で住むことで、環境や暮らし方などを直接肌で感じることができる移住希望者にぜひ、お勧めしたいしくみです。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

お試し移住とは?

お試し移住は、地方移住を検討している人のために各地方自治体が実際に住める場所を提供し、住み心地や土地の魅力などを体感してもらうための制度です。

全ての自治体がやっているわけではないため、自分が住みたいと思う自治体に確認する必要がありますが、その地域とのミスマッチを防ぐために有効です。

お試し移住ツアーの種類

お試し移住は、個人が自治体に申し込むことが基本ですが、自治体によってはツアーを開催しているところもあります。主なツアーとしては以下のようなものがあります。

パッケージ型

パッケージ型は、自治体それぞれがルートなどを設定してその地域を総合的に知ることができるツアーです。複数人で回ることもあるため、そのツアー内で交友関係ができることもあります。

ツアーの時間は様々で、日帰りツアーや一泊二日など様々です。

オーダーメイド型

オーダーメイド型は、自分が行きたいところや日程に合わせてスケジュールを組み、案内してもらえるツアーです。

学校や保育園・幼稚園、スーパーやホームセンターなど生活に関わる施設を見て回る他、先輩移住者とのコミュニケーションが取れる時間もあるなど。よりリアルで具体的なイメージを持つことができるようになります。

基本的には一泊二日のツアーとなることがほとんどです。

職業体験型

職業体験ツアーは、移住後の仕事につながるような体験ができるツアーです。移住の一番の問題とも言える「仕事探し」ですが、地場産業や農業、漁業、福祉などの仕事を実際に体験しながら移住後のイメージを深めることはできます。

他のツアーと比べると長期間のお試し移住となるため、ある程度の時間が取れることや現職を休む必要があるなどのリスクがありますが、自分にあっている仕事なのか、リアルな職場の雰囲気を知るには良いツアーと言えるでしょう。

オンライン移住体験型

移住相談会

コロナウイルス感染拡大によって、ライブ映像や写真などによるツアーも増えています。

事前に依頼しておくことで、見たいところの映像であったり写真を用意してくれることもあるため、実際に行くことが難しい方でもイメージを膨らませたり具体的な検討をできます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tokucho03.jpg

私たちが移住転職のサポーターです

「いつか移住してみたい」「転職できたらなぁ…」と考える、あなたを丁寧にサポートします。情報のご提供はもちろん、ご希望者には、地方自治体・地方企業と連携し、住まいや仕事のご紹介をしています。

あなたらしく働ける職場、より豊かに暮らせる地域を一緒に探しませんか。
お待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓

お試し移住のメリット

移住後の生活が具体的にイメージできる

実際にその土地の空気感であったり、地元の人とコミュニケーションを取ったりすることで地域性を知ることができます。また、家族で移住する場合には家族や子どもが過ごしやすいかどうかもポイントになるため、お試し移住はオススメです。

大規模な引っ越しが必要ない

全ての自治体ではないですが、お試し移住のための環境を整えてくれている所は多いです。

例えば、家具や家電、調理器具は据え置きになっていたりレンタルできることがほとんどですし、寝具も揃っていたり借りられたりすることから、最低限のものだけ用意すれば良いので、ハードルは低いと言えるでしょう。

古民家暮らしが体験できるところもある

お試し移住 古民家

地方移住を考える人の中には、古民家暮らしに憧れる人も多いでしょう。地域によっては、お試し移住で古民家暮らしができるところがあります。

住み始めてから後悔したりデメリットを感じるよりも、良いところも悪いところも体験して知っておくことで、快適な環境を早めに作ることもできるでしょう。

お試し移住は地域性を知ることが重要視されがちですが、住まい自体のことを知っておくことも重要です。

お試し移住 古民家
お試し移住 古民家
お試し移住 古民家

お試し移住向けの補助金制度が整っているところがある

お試し移住は、数日から最長1年まで行うことができる地域があります。
元々が家賃等が安く設定されていることが多いですが、住み始めから3ヶ月までは家賃が無料になるなどの制度が用意されているのです。

お試し移住期間中に仕事を探すことも可能

地方移住を実現するための大きな問題と言われるのが転職の問題です。
お試し移住ツアーに「職業体験」があるように、「その地域で住む」という意思が強いならば、お試し移住の期間中に仕事を探すことも有効です。

移住×転職専門サイトなびと

登録メリット・お勧めの理由】

「なびと」は全国ネットワークを駆使し、忙しいあなたをフルサポートします。
「移住(Uターン)」や「転職」に関する疑問、お悩み、もやもやを気軽に相談OK!
あなたの「ステップアップ」を応援し、寄り添うパートナーとして無料でご活用
いただけます。

お試し移住の注意点

全てが無料ではない

お試し移住 お金

お試し移住は、基本的な生活費は自己負担となります。一部を自治体が補助してくれることはあるものの、補助してもらえる方が珍しいでしょう。

そのため、どれくらいの費用負担になるのかは、事前に自治体に確認しておくようにしましょう。

仕事との両立が難しい

お試し移住期間中、仕事によっては休みを取らなければならないこともあります。

仕事をやめてまでお試し移住するのはリスクが高すぎますので、まとまった休みが取れるタイミングであったりリモートワークが可能ならばうまく活用できるよう調整して、お試し移住を計画するようにしましょう。

1回だけしか体験できないことが多い

お試し移住は、何度もできるわけではありません。

ほとんどの地域では1回しか体験できないため、お試し移住前には「移住したい理由」や「移住したい目的」などを明確にした上で、目的を持ってお試し移住するようにしましょう。

お試し移住の申し込み方法

希望する自治体に問い合わせ

まずは、自治体に問い合わせて「お試し移住をやっているかどうか」を確認しましょう。
お試し移住の条件であったり必要事項等が定められていますので、それぞれの規定に従って進めていきます。

空き状況に合わせて申請する

希望日時であったり条件に合わせて申請します。
各自治体に移住相談窓口があるので、そちらへの問い合わせした後にインターネットや郵送などで申し込みましょう。

双方が合意すれば手続きを進める

双方が合意に至れば、申請書や誓約書などの書類を記入して、手続きが完了します。

お試し移住を開始する

移住を始めるための第一歩

地方移住に憧れる人は多いですが、具体的なイメージが難しかったり不安が多いことからなかなか一歩を踏み出すことができません。ですが、地方からすると人材不足であったり高齢化などの問題をクリアするためには移住してきてもらうことは重要です。

そのため、少しでも移住に関するハードルを低くしようとする取り組みに工夫を凝らしています。本格的に移住を決めたい、移住する前に少しでも不安を解消したいという方は、ぜひ「お試し移住」を検討してみてはいかがでしょうか。

「なびと」では、地方移住や転職に関する情報を数多く発信しています。また、地方転職に関するプロのエージェントが皆様のお仕事探しをサポートしますので、ぜひお気軽にお問合せください。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。お気軽にご連絡ください。 
 0120-112-747

閉じる