COLUMコラム

失敗できない40代のIターン転職を成功させる5つのポイント

一昔前までは入社した企業で定年まで働く終身雇用が一般的でしたが、働き方が多様化する現代社会において、転職は珍しいものではなくなりました。

学生時代の10代と無我夢中で働いた20~30代を過ごした40代は、少しだけ足を止めて、これからも長く続く人生のライフプランを考える分岐点になるタイミングです。その中には、都心で一生懸命働いてきたけど40代に突入したタイミングでIターン転職をして、残りの人生をゆっくり過ごそうと考える方も多いでしょう。

この記事では、40代でIターン転職を考えている方が覚えておくべき成功のポイントを紹介していきます。まだまだ長く続く残りの人生、このままで良いのかなと考えている方は、ひとつの選択肢としてこういった道もあるということを覚えておいて下さい。

そもそもIターンとは

都心から地方へ移住して就業するパターンは、Iターンを含めて全部で3種類に分類されます。

名称意味
Iターン都心から出身地とは異なる地方へ移住
Uターン都心へ移住した人が再び故郷へ戻り移住
Jターン都心へ移住した人が故郷に近い地方都市へ移住

UターンとJターンが故郷か故郷に近い地方都市への移住を指すのに対して、Iターンは都心から出身地とは異なる地方への移住を指します

具体的な例を出すと、宮城県で生まれて大学に通うために東京都へ移住、そのまま東京都で仕事をしていたが脱サラして山梨県へ移住する、このように出身地とはまったく異なる地域へ都心から移住することをIターンと呼びます。

近年では優秀な人材を確保したい地方都市の企業が好条件で求人していたり、地域活性化の取り組みで移住支援が活発になっている地域が多くあるので、首都圏で生まれ育った人がまったく面識のない地方へ移住するケースが増えています。

また、子どもの頃から首都圏で生活している人にとっては、自然が溢れる地方での暮らしを夢見ている方も多くいます。

IT通信技術の発達によりリモートワークが普及したこともあり、今は首都圏に住まなくてもどこでも仕事ができるという方も増えてきました。

人生のライフプランを考える分岐点にいる40代の方だけではなく、20代から30代の若年層の地方移住が増えているのは、働き方が多様化している現代社会の象徴であるとも言えます。

40代のIターン転職を成功させるポイント

20代のIターン転職と、40代のIターン転職は訳が違います。

20代の独身であればIターン転職に失敗してもまた都心へ戻るなどの選択肢がありますが、40代のIターン転職は家族や年齢の問題があるので、失敗が許されない状況である場合が多いです。

しかし、失敗できないという理由だけで臆病になる必要はありません。リスクを減らしながら成功確率を上げるポイントを押さえておけば、必ず成功へ導けます。

定年までのライフプランを考える

20代のIターン転職であれば定年までのライフプランを構築する必要はありませんが、40代の転職であればそうはいきません。年齢が上がればさらに就職活動は困難になりますので、この仕事で定年まで勤め続けられるかどうかを事前に考えておく必要があります

ようするに、Iターンによる就職活動は堅実的に行う必要があるということです。

もちろん、今まで都心で行ってきた仕事とはまったく違う分野に挑戦したいという気持ちも分かりますが、そういった挑戦にはリスクも付き物であるということを忘れてはいけません。

家族がいる場合は、自分だけではなく配偶者と子どものことも考えなければいけません。学校は近くにあるか、どれ位の距離か、教育費を賄うだけの給料があるか等、考えなければいけないことは山積みです。

しかし、難しく考えすぎる必要はありません。もちろん家族の生活環境が変わるということに対しては最大限の配慮が必要ですが、最も重要なのは自分がどう生きたいかということです。Iターン転職の前に家族で話し合い、自分の生き方について話す時間を設けましょう。

必ず転職先が決まってから移住の準備を進める

40代のIターン転職は失敗できないので、リスクを排除しながら移住の準備を進めることをおすすめします。具体的には、転職先を決めてから移住場所を決めるようにして下さい

都心からの移住者を受け入れている地方企業の多くは、面接が終わり入社が決まってからも実際に働くまでの期間に余裕を持たせてくれるケースが多いです。そのため、転職活動が終わってから物件探しを含めた引っ越しの準備を進めても問題ないというわけです。

先に移住地を決めてから転職活動をすると、新しい仕事が決まるまでの間の金銭的な問題や、妥協を重ねた転職活動をしてしまうなどのリスクがあります。

地方は都心に比べて仕事の数も少ないので、リスクを排除するという意味でも、まずは転職先を決めてから移住へ向けた行動を開始するという手順を忘れないようにして下さい。

妥協できる範囲を決めておく

Iターン転職における妥協できる範囲を事前に決めておきましょう。

都心から地方へ移住するわけですから、まず給料は下がることを覚悟しなければいけません。都心でバリバリ40代まで働いていた頃に貰っていた給料と同額のお金を、地方企業の1年目から貰えるわけがありません。

都心に比べて生活利便性が悪いということも事前に把握しておかなければ、日々の生活で不便を感じてしまうケースが多くなってしまうかもしれません。

移住した後に後悔しないようにしておくためには、これは許せる、これだけは妥協できないという範囲を事前に決めておくことが重要です。

それは仕事の給料だけではなく、家の間取りや立地、学校までの距離や利便性など、生活に深く関わる部分で妥協できない範囲は家族で話し合って相談しておきましょう。

最低でも1回は実際に足を運んでみる

百聞は一見に如かずということわざがあるように、実際に現地へ足を運んでみなければ分からない部分も多くあります。

地方移住を支援する求人サイトが多くありますので、都心にいながら面接を行い仕事を先に確定することはできます。それだけではなく賃貸物件もオンラインで探すことができるので、家も仕事も一度も現地へ行かずとも決めることは可能です。

しかし、前述したように40代のIターン転職は失敗ができません。必ず現地へ足を運び、できれば数日間でも良いので宿泊してみることをおすすめします。

生活に不便かもしれないなというデメリットが分かるだけではなく、サイトを見るだけでは分からなかった良い部分も実際に現地へ足を運べば見えてくるかもしれませんので、リスクを下げるために必ず実施するようにしましょう。

自治体の移住支援を活用する

全国の地方自治体は都市部からの移住者支援に力を入れている場合が多いため、知らないと損をしてしまう支援制度がたくさんあります

それぞれ条件はあるものの、たとえば宮城県七ヶ宿町では、20年間住めば希望の間取りを備える土地と住宅を無償で譲渡してくれます。兵庫県洲本市では移住者に対して最大で36,000円の家賃助成金を支給していますし、北海道赤井川村では村に10年以上住めば住宅建設資金として300万円を支給してくれます。

このような支援制度を利用するには自分で申請しなければいけませんので、知らないと損をしてしまうだけです。金銭面で大きな支援をしてくれる自治体は多いので、必ず移住前に調べるようにしましょう。

まとめ

40代のIターン転職を成功させるポイントを5つ紹介してきましたが、参考になりましたか?

UターンとJターンはある程度の知識がある地域で暮らすことになりますが、Iターンはまったく知らない土地へと移住することになりますので、そんな場所で自分に合う仕事を見つけられるかどうかという不安は簡単には払拭できませんよね

しかし、そんな不安を解消してくれるのが、移住を支援する求人サイト「なびと」です。日本全国の地方にある仕事を紹介しているなびとの求人ページは、給料や業務内容などの一般的に掲載されている事柄はもちろん、その職場の魅力と雰囲気が分かる構成になっているため、具体的に地方で働くイメージを持つことができます。

気になるエリアと仕事を選ぶだけであなたに合う地域と仕事を紹介し、地域の方と実際に触れあう交流の機会を作ることも可能です。

Iターン転職に興味はあるけど何か始めたらいいか分からない方、または地方でどんな仕事があるかを見てみたいという方は、ぜひ「なびと」をチェックしてみて下さい。

地方移住に興味はあるけど仕事があるかどうか不安な方へ

求人サイトを活用して地方の仕事を探したいという方におすすめなのが、地方で働く具体的なイメージを持ちながら仕事を探せる「移住支援型求人サイト『なびと』」です。
日本全国の地方にある仕事を探せるだけではなく、オンラインによる移住サポートや地域と仕事のマッチング、地方企業との面接対策や住居を探すお手伝いなどの支援も行っていますので、地方で仕事を探したいという方は、是非なびとを使ってみて下さい。


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

オンライン移住相談会

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。
お気軽にご連絡ください。 
☎ 0120-112-747