COLUMコラム

地方には仕事がない。は、本当?地方移住で考えるべき仕事の問題とは

地方移住を考える多くの人が、「地方には仕事がない」という問題を耳にしたことがあると思います。
ですが、実際のところ「仕事がない」という言葉は100%正しいわけではありません。

 

今回は、地域移住を考える人が直面する「仕事がない」という問題について解説します。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

地方に仕事は「ない」のか!?

結論からお伝えすると…地方にも、仕事はたくさんあります。
ただし、都会に比較すると”業種や職種の選択肢が少ない”ことも事実です。

地元に帰ったり地方に移住して働きたいと思っても、キャリアを活かした就職先が見つけにくかったり、「やりたい」と思える業種の求人が少ないといった現状もあります。そのため、例えば、新卒で仕事を探す人の中にはUターンを検討してみたけれど、都市部を選ばざるを得ないこともあるのです。

地方にある仕事

選択肢が少ないとお伝えしましたが、少し視野を広げてみると「地方だからこそ」できる仕事や楽しめる仕事が数多くあります。ここからは、地方に多くある仕事や少ない仕事について解説します。

一次産業

地方には、一次産業(農林業・畜産業・水産・漁業など)がたくさんあります。特に若手や担い手については常に人手が足りないため、近年では外国人労働者を雇う人もいるほどです。
一次産業は、どうしても大変そうなイメージがついているため、達成感はありつつも「働きたい」と思う人は少ない現状は、社会課題にもなっています。

もし、一次産業(農林業・畜産業・水産・漁業など)で活躍したい、技術を学びたいと考えている方にとって、地方移住は非常に魅力的なのではないでしょうか?若い人材を切望している地域・企業が、数多くありますよ。

 

なお、近年、農地付きの住宅などに移り住み「農家カフェ(レストラン)」を開業したりと、新たなチャレンジをするために地方移住する人も増えてきています。

福祉・医療関係の仕事

地方のお仕事で多い求人と言えば、看護師や介護士といった医療・福祉関係の仕事です。
特に福祉関係については無資格でできる仕事もあるため、仕事についてから資格を取ることも可能です。体力的にはハードな仕事ではありますが、習得したスキルは一生ものになりますし、業界としては仕事がなくなることは考えづらいことも特徴的です。

地方特有の文化や言葉遣いなど、都市部からきた人が看護や介護に関わることの大変さはありますが、都市部で行われているケアは地方にとっては先進的なところもあるため、自分の知識や経験が思わぬ役に立つこともあります。

初めて挑戦する人も、経験を持って移住する人もやりがいを持って働けるのではないでしょうか。

サービス業

ホテルや飲食店といったサービス業は、どの地方でもお店があります。特にホテルについては、観光地になればなるほど人手が必要であるため募集がかかっています。ただし、肉体的にハードであるにも関わらず給与水準が低い傾向にあるため、なかなか人が定着しない現状があるようです。

ですが、地方だからこそのサービスやニーズがあることも確かです。若いアイディア、行動力、変革を求めている業界でもあります。そういった「やりがい」を求めてあえてその仕事を希望する人の多い業界でもあります。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

地方に少ない仕事

IT・デジタル関係の仕事

ITの仕事自体がないわけではありませんが、都市部と比べるとどうしても少ないのが現状です。ただ、PCが使えるというだけで重宝される場面もあります。

この業界、業種は、仕事がない、部署がないというだけで、求められていないわけではありません。
むしろその逆で、「人材がいないから、ポストがない」「チャレンジできなかった」という企業も少なくありません。
あなたのスキルやキャリアを存分に活かし、貢献できることも多いのかもしれません。なき道を作る場合、パワーはかかるでしょう。ですが、その分やりがいや成長といった大きなバックがありそうです。

さらに、ご自身のキャリアを活かし、IT・デジタル系のスキルを活かして起業することもできますので、そういった方向性で考えるのも一つです。

銀行や公務員

銀行や公務員の仕事は、都市部でもそこまで採用人数が多いわけではありません。地方になると、さらに採用数が少なくなるのが現状です。

新卒採用でもかなり狭き門ですから、中途採用となるとさらに狭い門と言えるでしょう。また、銀行や公務員に限らず事務職そのものが少ないという現状があります。

ただ、銀行や公務員をはじめとした事務職は、政令指定都市であれば求人数が多くなることもあるようなので、そういったところを狙うのも良いのではないでしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tokucho03.jpg

私たちが移住転職のサポーターです

「いつか移住してみたい」「転職できたらなぁ…」と考える、あなたを丁寧にサポートします。情報のご提供はもちろん、ご希望者には、地方自治体・地方企業と連携し、住まいや仕事のご紹介をしています。

あなたらしく働ける職場、より豊かに暮らせる地域を一緒に探しませんか。
お待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓

多様な働き方を選ぶことが重要

 

地方移住先で仕事を探すための大きなポイントは、「どのような働き方をするか」です。
移住した先で、どのような生き方をしたいかを考え、業種や職種、働き方を考えることをお勧めしています。

雇用されて働く・会社員

いわゆる会社員です。都市部の大企業では働けなくても、スキルや経験を活かして地方で有名な企業で働くチャンスがあります。また、企業の中には量や住宅などの支援をしてくれているところもあるため、地方移住を考える方はそういった相談をしてみても良いかもしれません。

リモートワーク

地方移住の方法の一つとして、「フルリモート」できる会社で働きつつ移住する方法があります。

フルリモートであれば、通信環境と作業環境さえ整えば場所に縛られず働けるので、育児や介護など、多様な理由で地方に移住しなければならない人でも安心できますね。

派遣・アルバイト

実は、地方へ移住するタイミングで正社員で働くことを辞める人もいます。

地方移住の目的が「ゆったりした時間を過ごしたい人」や「趣味・プライベートを重要視したい人」にとっては、パートやアルバイト、派遣といったスタイルで働くことを選択することもあるようです。

ただ、そういった働き方をするためにはある程度の資金が必要になるケースもあるため、慎重に計画をたてましょう。

起業する

地方移住をする際、ライフスタイルをコントロールしやすくするために起業を考える人も多くいます。特に、移住をきっかけに独立や起業を考える人は多く、「都市部にはあるが地方にはないサービス」は数多くあるため、そういったことを地方で起業してサービス化することで、仕事を得る人もいます。

事業継承

地方には、伝統産業が数多くあります。しかし、その担い手は年々減少傾向にあることから、常に人手が求められている現状があります。

そのため、地方の伝統産業を事業継承する形で引き継ぐことを目的に地方移住することも一つのアイディアと言えるでしょう。地方で起業すると、経営者としてのノウハウや基礎を習得しながら、地域とのつながりを作れるのも良いでしょう。

業務委託

いわゆるフリーランスです。
フルリモートと同じようにネットワーク環境と作業環境が整えられればどこでも仕事ができるほか、スキルを磨けば磨くだけスキルを高めていけるので、地方での生活を楽しみながら安定した仕事を得ることも可能です。

複業で働く

地方移住で働く人の中には、いくつもの仕事を複業している人は少なくありません。
起業しながらアルバイトしたり、会社員として働きながらNPO法人で活動するなど、「自分のやりたいこと」を心から楽しむために地方移住を検討するのです。

地方で仕事を探すなら…?

地方で仕事を探すにあたっては、「どの業種を探すのか」「どういった働き方をするのか」をしっかり考えることで、地方移住でも仕事に困ることはありません。

「なびと」では、地方移住のためのお役立ち情報や求人情報をご紹介しています。移住のためのあらゆる相談も受けていますので、まずはお気軽にご相談ください!


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。お気軽にご連絡ください。 
 0120-112-747

閉じる