COLUMコラム

憧れの田舎暮らし!仕事付きで実現するのは可能?

憧れの田舎暮らし。自治体の制度なども充実してきているため、地方移住のハードルは下がってきています。ですが、実際に移住して生活を始めるとなると仕事が見つかるかどうかという不安は付きものです。

田舎暮らしをする前に知っておきたい仕事の見つけ方や、田舎でニーズのある仕事、仕事付きで移住するための方法などを解説します。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

移住して仕事は見つかる?

田舎暮らしを考える方は、「自然豊かなところで暮らしたい」「都会の喧騒を離れて静かに暮らしたい」など、いろいろな思いを持たれているのではないでしょうか。ですが、同時に考えるのは「仕事があるのかな?」ということ。

地方の仕事は、次のような課題や特徴があります。

  • 担い手が不足気味
  • 収入が都会ほど高くない
  • 求人情報数が多くない

担い手が不足気味

まず、地方や田舎と言われる地域の仕事は担い手不足によって求人が出ている企業が少なくありません。人口流出や住民の高齢化によって、ご高齢の方が働かざるを得ない状況になっていることも珍しくないため、若者の力は足りていません。

特に、伝統的な産業や第一次・第二次産業は人手不足が深刻であり、そういった仕事に対しては行政からの支援制度が用意されていることもあります。

収入が都会ほど高くない

また、収入については低く設定されていることが多いです。そのため、都市部で同じ仕事をしても収入が減る可能性があります。結果的には収入が減って支出が増えてしまうようなこともあるため、注意しましょう。

求人情報数が多くない

なお、インターネットで求人検索をしても情報がそこまで多くないケースがあります。田舎の企業はインターネットによる広報や発信に慣れていないことから、情報が広まらないためです。そのため、ハローワークや移住したい自治体に確認する、移住希望者のための情報サイトを調べるなどすると良いでしょう。

\あなたに最適な移住エリアが見つかるかも!?/

田舎暮らしで仕事を選択する基準

田舎暮らし 仕事

給与面

仕事を選ぶ基準として大きいのは、毎月のお給料ですよね。前述した通り、都会と同じ仕事をしても地方の方が給与が低く、結果的に支出が増えてしまうことになりかねません。生活費のシミュレーションをしっかりと行うことで、必要な金額を割り出しましょう。

自分のライフスタイル

移住してからのライフスタイルを考えることも大切です。家事や育児、趣味をはじめとした自分のスタイルによって仕事を選ぶと良いでしょう。100%自分の希望に合うことはないかもしれませんが、条件を自分の中で決めておくことが重要です。

仕事内容

地方移住の目的や、自分がどうなりたいかなどを考えて仕事を選ぶことも必要です。その地域でずっと住み続けるのか、他の地域に引っ越すかどうかもプランニングしておくことで、仕事選びも大きく変わります。

田舎で選べる仕事の種類

地方移住で仕事を選ぶ際には、どんな仕事があるのでしょうか。

\あなたにピッタリの移住エリアが見つかる⁉/

医療・介護

医療や介護は、人が住んでいるところでは必ず必要です。都会と比べると給与面での差はあるかもしれませんが、仕事がなくなるということはありません。介護士としてのスキルや経験はどこに行っても活用できますから、経験しておくことも良いかもしれません。

インフラ関連

インフラに関する仕事も、人がいるところでは必ず必要な仕事です。電気やガスに関する仕事もなくなることはありません。高齢の方が多い地域では、かなりのニーズがある仕事と言えるでしょう。

製造業

地方には製造業が多くあります。そのため、製造業に関する求人は数多くあるケースがあります。なお、製造の仕事は特別な資格がなくても働けることがほとんどであるため、挑戦する価値はあるかもしれません。

事業継承

地方・田舎で深刻なのが、第一次・第二次産業や伝統産業の担い手不足です。そのため、地方特有の伝統工芸や産業を引き継ぐこともできるようです。かなり専門的なスキルが必要だったり苦労するところは多いですが、自治体からの支援を受けられる制度が整っていることもあります。

地域おこし協力隊

その地方の魅力を全国に発信する役割を担うのが、地域おこし協力隊です。任期は決まっているものの、移住者だからこそ感じる魅力やポイントを伝えるお仕事であるため、注目されている仕事です。

また、地域おこし協力隊という経験から、次の仕事が見つかりやすいというメリットもあります。

起業する・フリーランス

地方移住や田舎暮らしを考える人の中には、カフェや民泊などを起業するケースも多くあります。土地の安さや水のキレイさ、食材の良さ、自然をウリにできることは大きなポイントです。

農業・漁業・林業

地方だからこそできる仕事と言えるのが、これら3つの仕事です。特に農業については、農地付きの家などもあるため、未経験から農業に挑戦する方も多くおられます。

リモートワーク

これまでの仕事でフルリモートが可能であれば、インターネット環境を整えて田舎で暮らしながら仕事をすることも可能です。この場合、都会での収入と変わらないままに田舎で暮らすということも実現できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tokucho03.jpg

私たちが移住転職のサポーターです

「いつか移住してみたい」「転職できたらなぁ…」と考える、あなたを丁寧にサポートします。情報のご提供はもちろん、ご希望者には、地方自治体・地方企業と連携し、住まいや仕事のご紹介をしています。

あなたらしく働ける職場、より豊かに暮らせる地域を一緒に探しませんか。
お待ちしています!

↓↓↓↓↓↓↓

仕事つきの移住を実現する方法

田舎暮らし 仕事

UIJターン制度を活用する

仕事付きで田舎暮らしを実現するためには、UIJターン制度を活用すると良いでしょう。自分だけではなかなか得られない情報を教えてもらえたり、UIJターンならではの仕事を紹介してもらえることもあります。

移住セミナーや相談会に参加

それぞれの自治体では、移住に関するセミナーや相談会を実施しています。最近では、オンラインで参加できるセミナーや相談会が増えているため、パソコンやタブレットで参加することも可能です。

なお、いきなり地域に足を運ぶよりもこういったイベントに参加してから行ってみる方が、地域の特徴などを知ることもできるため、ハードルが低くなるでしょう。

移住体験ツアーに参加する

最近では、各自治体で「地方移住体験ツアー」が行われています。宿泊料や移動費などを補助してもらいながら、実際にその場所で住んでみることで空気感で合ったり住んでいる方とのコミュニケーションが取れるか、仕事などを見つけることができるのです。

期間は数日から半年、場合によっては長期的に滞在できるケースもあることから、体験しつつ情報収集をするのも良いでしょう。

移住専門の求人サイトを活用する

仕事付きの田舎暮らしに関する専門サイトは、普通の求人サイトをみるよりも情報が豊富で希望する仕事が見つけやすいのがポイントです。また、専門のエージェントがいることもあるため、手厚いサポートを受けながら田舎暮らしを実現することができます。

移住×転職専門サイトなびと

登録メリット・お勧めの理由】

「なびと」は全国ネットワークを駆使し、忙しいあなたをフルサポートします。
「移住(Uターン)」や「転職」に関する疑問、お悩み、もやもやを気軽に相談OK!
あなたの「ステップアップ」を応援し、寄り添うパートナーとして無料でご活用
いただけます。

いきなり移住するのが心配な人へ

どれだけ田舎暮らしに憧れているとしても、急に始めることが不安な方もいるでしょう。

そのため、多くの自治体では「お試し移住」や「週末移住」などによって体験することができる制度もあります。

雰囲気を確かめたり自分に合っているかを知ることで、移住後のミスマッチを減らし、自分達もその地域にとっても残念な結果にならないようにすることが大切です。

「なびと」がオススメ!

移住と転職を一気に実現するためには、そのノウハウに特化したサポートを受けられるのが良いですよね。「なびと」は、地域の求人情報やセミナー、お役立ちコラムなどが数多くありますので、情報取集やイメージを高めることに役立ちます。

また、「なびと」は、全国ネットワークを駆使してあなたの移住と転職をサポートします。情報収集から移住完了までを丁寧にサポートしますので、お気軽にご相談ください!


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。お気軽にご連絡ください。 
 0120-112-747

  • URLをコピーしました!