COLUMコラム

30代から地方移住したい方におすすめの仕事の探し方3選

まだまだ元気な働き盛りの30代。だからこそ、今とはまったく違う人生を歩んでみたいという気持ちが芽生えてくるものです。

満員電車に揺られ平日は職場と自宅の往復だけ、休みの日は疲れを取るために眠り、人と人との関係も希薄…都会にいては実感しにくい豊かな生活を送るために地方移住を夢見る方は多いかと思いますが、やはり気になってくるのは仕事です。

30代だと仕事を探すタイミングとしては遅く、ましてや地方だと都会に比べて良い仕事が少ないのではないかと心配している方も多いでしょう。しかし、その悩みは効率的な仕事の探し方を理解していれば解決できます。

この記事では、30代から地方移住を考えている方におすすめしたい仕事の探し方と、地方で仕事をする魅力について紹介していきます。

仕事と移住先のどちらを先に決めるかを検討する

都心に移住した方が故郷に戻るUターンや、移住した都心から故郷に近い地方都市へ戻るJターンは移住先がほとんど決まっていますが、都心から出身地とは関係ない地方へ移住するIターンの場合、まずは仕事と移住先のどちらを先に決定するかを決めなければいけません

  • どうしても住みたい場所があるから、まず移住先を確定してから仕事は後で決める
  • 地方に住むことが目的で場所にこだわりはないので、まずは仕事を確定する

どうしても住みたい場所があるわけではないのであれば、まずは転職先の内定をもらってから移住先を決めるという順序をおすすめします。

移住してから仕事を探す場合、すぐに良い仕事を見つけられなければ経済的に圧迫されていきますし、自分が本当にしたい仕事をゆっくり探す時間もありません。

住みたい移住先が確定している場合でも、まずは近隣でどのような仕事を募集しているのかを事前にリサーチしておきましょう。

30代から地方移住したい方におすすめの仕事の探し方

従来までは、地方移住といえば老後を過ごすための選択肢のひとつとして考えられているのが一般的でしたが、今は違います。地方移住を実現するための最大の障壁ともいえる仕事探しも、IT技術の発達と自治体の移住者増加対策により効率的に行えるようになりました。

ここからは、地方移住したい方におすすめの最も効率がいい仕事探しの方法を紹介していきます。

求人サイト

ハローワークなどの公的機関だけではなく、インターネット上には民間企業が運営する求人サイトが多数あります。地方移住に特化した求人サイトを確認し、募集している仕事内容を確認して応募してみましょう。

地方移住を考えている方が求人サイトで仕事を見つけるメリットは、現地に足を運ぶ必要がないという点です。都心で仕事をしながら地方の仕事を検索でき、気になる仕事があればオンラインで応募できるので手間がかかりません

ちなみに地方移住に特化している求人サイトは、ただ人を募集している仕事を掲載しているだけではありません。たとえば、移住を支援する求人サイト「なびと」では、気になる移住先、エリア、仕事を選択して会員登録するだけで、移住サポーターが条件にマッチする地域と仕事を紹介してくれます。

さらに地方企業との面接対策、職場から近い住居の手配など、地域に密着している地方移住を支援する求人サイトでは、このように仕事探し以外の手厚いサポートが期待できます。

都心で暮らしながら地方の仕事を探したい、移住先を決定する前にまずは転職先を確定させたいと考えている方は、求人サイトの利用を強くおすすめします。

自治体の就業支援

2014年に国の施策として打ち出された地方創生により、多くの自治体は移住者を増やす取り組みを実施しています。

たとえば、東京23区に住んでいた方が宮城県へ移住する場合、世帯移住で100万円、単身移住で60万円の移住支援金が支給されます。秋田県の場合、東京圏から秋田移住支援金マッチングサイトに掲載されている企業へ就業すると、最大200万円の移住支援金が支給されます。

金銭的な就業支援だけではなく、自治体が就業したい方と求人募集企業を繋ぐマッチングサイトを開設している場合もあります

マッチングサイトの有無や仕組み、支援金に関しては地域により額や対象エリアが異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

リモートワーク

働き方改革の推進と新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、ここ最近リモートワークを導入する企業が急速に増加しています。

リモートワークの利点は何と言っても仕事をする場所が制限されないという点で、インターネット環境さえ整備されていれば、わざわざ都心に高い賃料の家を借りて仕事をする必要がありません。つまり、移住先で仕事を探すのではなく、リモートワークを導入している企業へ転職してから移住するというのもひとつの手段です。

東京都産業労働局が発表した調査資料によると、2021年2月時点のリモートワーク普及率は58.7%です。

働き場所を問わないため優秀な人材を確保しやすく、企業のイメージ向上や通勤費用などのコストカットが実現できるリモートワークは、従業員だけではなく企業にも多くのメリットをもたらします。

毎日新聞が主要企業を対象に行ったアンケートによれば、約9割の企業が新型コロナウイルス収束後もリモートワークを継続したいと回答しています。

地方へ移住してもインターネット環境さえあれば働けるリモートワークは、都心ではなく地方で仕事をするという新しい形を具体的に実現できる働き方です。

地方で仕事をする魅力

最後に、都心ではなく地方で仕事をする魅力について紹介していきます。

通勤ラッシュがない

地方では、都心のような通勤ラッシュがありません。

新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で、以前に比べればある程度ゆとりを持って通勤できるようになったとはいえ、特に東京都では今でも通勤ラッシュ時には多くの電車が満員です。

過酷な通勤ラッシュは心と体の負担になり、辟易とした気持ちになってしまいます。

しかし地方では、通勤ラッシュがありません。東京都ではまず不可能なマイカー通勤を可能にしている職場も多いので、誰に邪魔をされることもなく毎日快適に出社できます。

生活コストを抑えることができる

都心に比べて地方は物価と家賃が安いので、生活コストを抑えることができます。

安い家賃で広い家に住めますし、新鮮な食材を使った絶品料理も格安の値段で楽しめます。地方に住めば固定でかかる生活コストを抑えることができるので、趣味や自分の好きなことに使えるお金も増えていき、生活を豊かにすることができます。

生活コストを安く抑えられるということは、都心部で働いていた時よりも安い給料で大丈夫ということです。給料だけに捉われず、自分がやりたい仕事ができるというのも、地方で仕事をする大きな魅力であると言えるでしょう。

まとめ

30代から地方移住しようと考えている方におすすめしたい仕事の探し方と、都心ではなく地方で仕事をする魅力を紹介してきましたが、参考になりましたか?

一昔前まではリタイアしてから田舎でゆっくり過ごすというのが一般的な形でしたが、最近は多くの若年層が地方移住に興味を持ち、そして実現しています。

地方移住に興味はあるけど仕事があるかどうか不安…そんな不安を抱えている方は、求人サイトを利用して自分にぴったりの仕事を見つけましょう。

求人サイトを活用して地方の仕事を探したいという方におすすめなのが、地方で働く具体的なイメージを持ちながら仕事を探せる移住支援型求人サイトの『なびと』です。

なびとの求人ページは、具体的な仕事内容や職場の雰囲気が分かるような作りになっており、自治体インタビューの数が多く質が高いため、移住受け入れに力を入れている自治体がすぐに分かります。

日本全国の地方にある仕事を探せるだけではなく、オンラインによる移住サポートや地域と仕事のマッチング、地方企業との面接対策や住居を探すお手伝いなどの支援も行っていますので、地方で仕事を探したいという方は、是非なびとを使ってみて下さい。


オンライン移住相談会

地方への移住・転職・2拠点生活のことなど気軽に話しませんか?

メールで情報をお届け

まずは情報収集からという方に向け、移住情報を配信しています。

お電話でのお問い合わせもお待ちしております。
お気軽にご連絡ください。 
☎ 0120-112-747

閉じる